住宅ローンの借り換えに関する基礎知識

現在政府は、デフレ克服のために、金融の量的緩和を国策として推し進め、その結果、円安、株高、長期金利上昇がうまく回り始め、アベノミクスバブルと称されるほど経済が好転しているかのように見え始めましたが、5月末の株の大幅下落と長期金利の急激な上昇により、日本経済の雲行きが見えにくくなっています。
銀行は、金利には非常に敏感で、すでに大手の都市銀行では住宅ローンの金利値上げを開始しています。円安により、輸出企業の収益が大幅に改善されている中で、労働者の手取り収入は、この数年ずっと減収状態となっています。このような状況の中で、如何に家計を守っていくかが大変重要な課題であり、このためには家計支出の25%から40%を占めている住宅ローンの借り換えなども検討すべき時期にあります。
まず重要な見直しは、変動金利でローンを組んでいる人は、早急に固定ローン若しくは固定ローン+変動金利に借り換えを行なう必要があります。金利が上昇に転ずるときは、固定金利に切り替えるのは、お金を借りる場合の鉄則です。その理由は、変動金利には天井がないからです。
現在の変動金利は、0.98%から2.675%です。固定10年+変動金利の場合は、1.35%から4.00%です。また、固定だと1.74%から2.13%です。
現在だと、固定金利と変動金利の差は、わずかであり、銀行によっては逆転現象を生じているところもあります。
普通、住宅ローンの借り換えの目的は、高い金利のローンから安い金利のローンに借り替えて、その差額分をローン返済に充て、できるだけ早くローンを返すというのが目的ですが、将来ぐんぐん上がるかもしれない変動金利を固定ローンに切り替えて、これ以上の金利負担を行なわないという生活を守る目的のための借り換えもあるということを学ぶべきです。

手続きは面倒でしたが、住宅ローンを借り替えてよかったです。

我が家は、住宅ローンの借り換えをこれまでに2回しました。
手続きはそれなりに面倒でしたが、トータルでの返済額が減る事を考えると、時間をかけて
借り換えをして良かったと思っています。

今回は一回目の借り換えについて書きます。
一回目の住宅ローンは、まだ若かった事もあり、何がお得なローンかもわからなかったので、
マンションのデベロッパーの営業マンに勧められるがままに、デベロッパーと提携している金融機関
と金融公庫の2つから借りました。
金融公庫のほうは繰り上げ返済で2年未満で返済が終わってしまったので、金融機関の方をどうしようかと
思っていました。

とりあえず繰り上げ返済をどんどんしていこうと思い、地元の金融機関に定期預金を解約しに行きました。
解約理由を聞かれたので、住宅ローンの繰上げ返済に使いたい旨を伝えました。
その時に組んでいるローンの金利を聞かれたので(10年固定2.3%)伝えると、その銀行では10年固定2%で
貸し出しができるというので、借り換えをするとどの位返済額が減るのか試算をしてもらいました。
その結果、借り換えの手数料の事や、保証料・司法書士への支払いを考えても、数年間返済期間が縮まる事がわかったので
すぐに借り換えの手続きをする事になりました。

我が家の場合は、住宅の価値に対して、借りているローンの金額が少なかったためスムーズに借り替える事が
できたので良かったのです。
ですが、上手く行かない場合もあります。

実は、この事を仲の良いお友達に話し、お友達も住宅ローンの借り換え手続きをしに同じ金融機関に
相談に行きました。
すると、お友達が買ったお家は、まだ住宅の価格が下がる少し前に購入したお家だったため、家の担保価値より
借り替えるする予定の金額の方が大幅に大きくなってしまい、結果的に借り換えの審査に通る事ができませんでした。